SHIMADANTIQUES

2020/03/20 12:51


少しだけ春を感じる本日.   重量感あるコートを脱いでみるとココロも軽やかになる気がする.  ニット1枚やカットソーの着心地ってやっぱり良きですよね.















でも なんだか手元が寂しいな、、、
















それは あなたのバランス感覚が優れている証です.  コーディネートだって料理だって仕事の進め方だってバランスが最重要だと僕は思います.














なんだかちょっと寂しい時には手首に1つ[歴史]を加えてあげると深みが増しますね.   指輪やネックレスでもOKなんですが着用者と物語がないと軽く見えてしまいます.














手首に存在するアンティーク時計は料理で例えると...   熟成肉や鯛の昆布巻き.   ビンテージワインや古酒.   それは秀逸な香りと口にして何度か噛むうちにじっくりと旨味と風味を感じること.  















時計は年月が経っているものを丁寧に奇麗に使っている程に魅力が出ます.   人間と同じですね.   新作で着飾るよりも中身や考え方を新しくして自分らしくいれることが大切と思います. 














この子は1867年フランス創業のLIPというブランド.   フランスを代表する時計ブランドの1つになります.   1925年頃からムーブメントの自社開発への投資を積極的に行い今でいうところの[マニュファクチュール]としての地位を確立しました.   第二次世界大戦中にイギリスがフランスを救った証として “サー・ウィンストン・チャーチル”に贈られたモデルとなります.  














これほどまでに状態も良くて...   約80年の時を超えて今ここに存在しているのは運命と思います.   素直にココロが揺れ動いた方はご連絡くださいね.