SHIMADANTIQUES

2020/02/24 11:05






















 















   

























































 


























ココロノミネラル



写真撮影NGの作品が多かったのでコチラにご紹介はできませんが...    時には笑えたり考えたり感動したり涙がでたり...



目に見えないコトを目に見えるカタチへと表現してくれています



素敵な体験をありがとうございました...


第12回テーマについて

時間は、時計の針のように一方向に進んでいるように見えます。人間にとって当たり前に存在していると思われていながら、いざ「時間とは何か」と問われたら、こたえるのは容易ではありません。宇宙の起源や生命の働きなどと同様に、現代物理学の世界でも時間はいまだ大きな謎に包まれています。

一方、映像のなかでは、時間は逆行したり、現在と過去や未来がつながったり、人々が、そのなかを自由に行き来することもできます。さらにアートをはじめとする様々な映像表現では、すでに起こった過去の出来事や歴史による集団的記憶をどのように伝え記録し、あるいは予測不可能な未来をいかに語ることができるのかという問いのもと、さまざまな時間のとらえ方がなされています。例えば、超高速カメラは、肉眼ではみることができない瞬間をとらえ、SF(サイエンス・フィクション)映画は近未来の世界や、人間以外の時間を描いてきました。むしろ、私たちは、現存する時間ではなく、映像によって浮き彫りにされる不可視の時間の存在を確かめながら、自らがいる今をとらえようとしているのかもしれません。

 

第12回恵比寿映像祭では、「時間を想像する」をテーマに、多彩な作品やプログラムをご紹介していきます。誰にとっても身近であり同時に解き明かされていない時間にかかわる作品をとおして、新しい発見が生まれ、観客との対話や交流を導く機会を作りたいと思います。そして、アートや映像表現から時間を想像することで、動く写真(motion picture)である映像の本質に迫り、あらためて現在をみつめ考察していきます。

第12回恵比寿映像祭ディレクター 田坂博子

名称第12回恵比寿映像祭「時間を想像する」
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2020:
The Imagination of Time
会期令和2(2020)年2月7日(金)~2月23日(日・祝)[15日間]〈10日(月)、17日(月)休館〉
時間10:00 〜 20:00 (最終日は18:00まで)
会場東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか
料金入場無料
※ 定員制のプログラムは有料
https://www.yebizo.com/jp/information/を参照しています+