2019/08/29 09:47



おかげさまで毎日たのしく小物から広がるパーソナライズをご提案しています.






ところでシマダカツヨシあなた本人はどんな小物つけているの?って単純に知りたいかなと思いますのでご紹介しますね.
 





15年前から知り合っている方はご存知と思います.
最近は右手も増えてきました.  笑笑

左手_GOLD素材
右手_SILVER素材






左手の連なる指輪はいくつもの思い出がレイヤーとなっています.   そして着用してから外しておりませんので... もう外れません...
お風呂やシャワー.   遊びにいったり釣りにいったり.  犬の散歩していてウンチついちゃったり...
でも帰宅したら手と一緒に石鹸で洗ってしまうので素材の経年変化は少なく色味は綺麗なのです.  細かなカスレや打刻はあります.   これこそが本人だけの特別なエイジングの日記みたいなものと考えています.






正直なところ2年前までは右手の指輪はありませんでした.






手元からパーソナライズ・スタイリングするならば自分ならばどうなるのかな?   少し立ち止まって考えてみる...






幼少の記憶と今の自分自身.   どこか奥底でかわらなく繋がっている事があるはず.   今でも覚えている記憶.   忘れかけている微かな記憶.    本人は当たり前の感覚だったけられども他の人とは少し異なる記憶.    異常なまでの偏愛.   今でも続けていること. 時を忘れるほど熱中してしまう時間.   そんないくつかが重なってスタイルを作っているのではないかな?






しかし.    スタイルを築く前に誰もが目移りしてしまうが「情報」  世の中には数多くの情報・商品・サービスが蔓延している中で「自分に合ったものがわからないくなる...」そして「わかったとしても.また目移りしてしまう」こと.  









ロジカルに文字で物事を考えたり.   誰もが認める正解を探してみたり.   オトナになるにつれて感受性や自分のココロの声が小さく聴こえにくくなっているかもしれません.




 


6歳かな?クリスマスの時にどうしても欲しかった物はシルバニアファミリーの熊ちゃんとトランスフォーマーだった.   そして見事に2つをGET...







今考えてみるとプレゼントで女の子モノと男の子モノを両方欲しがる子供は少しかわっている感覚のお子さんだったのでしょう.   笑笑







あとね.   小さい頃からとても恥ずかしがり屋だった性格を変えたくて変えたくて.   高校生くらいになると.   なるべく良くしゃべるキャラクターを自分で作ってしまう.   おかげさまでファッション業界の人々から得た学びは大きな財産になってます.   でもね...  今でも突然恥ずかしがり屋が出しゃばってきたりする.   実は1人でいると何かに没頭しているのが心地よい.   ネクラってやつですね.    気がつくと仕事の場面や付き合う人によって2つのキャラクターを使い分けている自分がいるのです.   






そんな思考から今の1つの答えとして左手がGOLD素材.   右手がSILVER素材となりました.   左手に2つの素材を混ぜない理由...    仕事柄好きな服装ができる事と頭の先から足元までトータルコーディネートを心がけています.   そして両腕あるし別々に素材を分けた方が洗練されているから...   この点はカラーコーディネートとスタイリングの領域ですね.     





ということでシマダカツヨシの2019年度夏編をお伝えしました!  まだまだお暑いですが夏を楽しみましょう〜